シミ薬

シミ薬のおすすめランキングです!
効果や口コミから徹底比較しました!

 

シミ薬のおすすめランキング!

シミ薬のおすすめをランキング形式で紹介します!
シミ薬おすすめランキング!

 

今すぐシミ薬のおすすめランキングをみたい方は
こちら!

 

シミに効く薬ってたくさん種類があって、
どれが本当に一番効くシミ薬かわからないですよね。

 

「勇気を振り絞ってシミ薬を試してみたのに効果がなかった.....。」
シミ薬選びで失敗したくない

 

なんてことにならないよう、しっかり選ぶのが大切です。

 

このサイトで紹介しているシミ薬は、
全部私が実際に買って使ったことがあるものだけ。

 

私が今まで試したシミ薬は

トランシーノ

キミエホワイトプラス

ホワイピュア

ハイチオールCプラス

ロスミンローヤル

の5つです。

 

この中で私が個人的に特に良かったシミ薬を
ランキング形式で紹介します。

 

ずっとシミに悩んでいた私ですが、
今はすっぴんでも周りの目を気にせずお出かけできるようになりました。
シミ薬を試してみた結果!

 

みなさんもこれから紹介するシミ薬で、シミを退治して
明るく前向きに暮らせるようになってください!

 

ロスミンローヤル

シミ薬ランキング1位は「ロスミンローヤル」
シミ薬おすすめはロスミンローヤル
ロスミンローヤルの最安値を今すぐチェックする!
こちら
(※現在ロスミンローヤルを最安値で販売しているお店です)

 

 

私がずっと愛飲しているのがこれ!
シミ薬ロスミンローヤル実際に買ってみた

 

ロスミンローヤルは日本で唯一「シミ・小じわに効果がある」と認められている医薬品です。

 

だから、シミだけでなく小ジワにも悩んでいる、
という方には絶対オススメしたい医薬品のお薬です。

 

 

シミだけでなく、その他のたくさんの悩みを同時に解決してくれるし、
これを飲み始めてから一切他のシミ薬を飲まなくなったので
ランキング1位にしました!
シミ薬おすすめロスミンローヤルがすごい!

 

実際、ロスミンローヤルを飲み続けていると
明らかにシミが薄くなってきたし、
気になっていた目尻や口元の小ジワもなくなってきています!
シミ薬ロスミンローヤルでシミが薄くなってきた

 

今ロスミンローヤルは初回限定77%オフの
1900円でお試しできるキャンペーン開催中!

 

最安値でロスミンローヤルを手に入れるなら
公式サイトがおすすめ!

 

シミ薬おすすめロスミンローヤル公式サイト

 

ロスミンローヤルは定期コースの継続回数制限もないので
もし効果が感じられなければ1回目で解約できます!

 

1900円キャンペーンは突然終了してしまうので
気になった方は今すぐチェック!

 

みなさんもロスミンローヤルでシミ・シワのない肌を手に入れて、
メイクに時間が掛からない、実年齢より若く見られる、周りに羨ましがられる
生活を手に入れてください!

 

シミ薬おすすめロスミンローヤル公式サイトボタン

 

公式サイト:http://ainz-tulpe.com/
(※リンクが開かない場合1900円キャンペーンは終了しているので、ご了承ください...。)

 

 

キミエホワイトプラス

シミ薬ランキング2位は「キミエホワイトプラス」
シミ薬キミエホワイト公式
キミエホワイトプラスの最安値を今すぐチェックする!
こちら
(※現在キミエホワイトプラスの最安値販売店です。)

 

 

とにかくシミに効果を感じたいならこれ!
シミ薬キミエホワイト購入画像

 

キミエホワイトプラスは、
シミへの有効成分「Lシステイン」
第3類医薬品承認基準の最大量配合しています。

 

これ以上Lシステインがたくさん入っているお薬はありません。
シミ薬キミエホワイトの成分

 

 

有効成分は
「Lシステイン」「アスコルビン酸」「パントテン酸カルシウム」の3種類。
シミ薬キミエホワイトの有効成分

 

黒色メラニンを防ぐ

黒色メラニンを抑える

黒色メラニンを排出する

肌の生まれ変わりを促進する

4つのステップでシミを徹底的に攻略してくれます。
シミ薬キミエホワイトの効く流れ

 

シミ・そばかすを消したいならキミエホワイトプラスがおすすめです。

 

キミエホワイトプラスが最安値でお試しできる、
初回限定1900円キャンペーンはこちら!

 

シミ薬キミエホワイト公式サイトはこちら

 

放っておくと
増えるシミ、濃くなるシミ、広がるシミ。
シミ薬キミエホワイトはこんなシミにも

 

今から対処すればまだ間に合います!

 

初回限定1900円キャンペーンは近々終了予定です。
気になる方はまず1瓶試してみてください!

 

シミ薬キミエホワイト公式サイトボタン

 

公式サイト:http://kimie-white.com/
(※リンクが開かない場合1900円キャンペーンは終了しています、ご了承ください。)

 

 

私が試してみて効果を実感できたシミ薬はこの2つでした。

 

シミだけでなく小ジワも消したいなら
「ロスミンローヤル」

 

シミだけなんとかしたいなら
「キミエホワイト」
がおすすめです!

 

私は本当にシミにも小ジワにも効果があったので
ロスミンローヤルをランキング1位にしました。

 

自分が求めている効果で選んで
是非試してみてください。

Menu []

 

シミ薬を比較しました

ランキングでも上位のシミ薬を比較しました。

 

シミ薬ランキングで特に人気が高いのが
ロスミンローヤルとキミエホワイトプラスです。

 

一体、どちらを購入したらいいの?違いがわからない!
とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

 

今回はランキング上位のシミ薬を比較していきたいと思います。

 

シミ薬を比較してみた

 

まず、どちらも健康補助や栄養補助が期待できる
サプリメントではなく、シミの改善に効くと認められている医薬品です。

 

ここまではロスミンローヤルもキミエホワイトプラスも同じです。

 

違うのはロスミンローヤルはシミの改善だけではなく、
小じわの改善にも効くと認められた医薬品というところです。

 

小じわの改善ができるとされている医薬品は、
2017年9月時点ではロスミンローヤルが国内唯一です。

 

シミだけでなく、しわも加齢とともに出てきやすい肌トラブルですよね。

 

小じわの改善や予防もしたいと考えている方は、
ロスミンローヤルで両方同時にケアしていくのがおすすめ
です。

 

ロスミンローヤルとキミエホワイトプラスは1日の服用量も異なります。

 

キミエホワイトプラスは1回1錠、1日3回服用します。
それに対してロスミンローヤルは1回3錠、1日3回服用します。

 

どちらも個包装タイプではなく、ビンに入っている状態で届くので、
ピルケースなどを用意すれば外出先などでも飲み忘れないと思われます。

 

シミ薬を比較してみた

 

また、服用量は違いますが、どちらも1ビンで1か月分の量が入っています。

 

今なら初回限定キャンペーンでどちらも1,900円で購入できます。

 

 

シミ薬で効くのは?

シミ薬で効くのはどういうものでしょうか?

 

シミ薬は様々なものが存在しています。しかし、せっかく飲むのであれば本当に効く薬を飲みたいですよね。

 

シミ薬が効く

 

シミ薬のランキング上位で、効くとおすすできるのはロスミンローヤルです。ロスミンローヤルは健康補助を目的としたサプリメントではなく、シミに効くと認められた医薬品です。そのため、他のシミ薬と比べても効果が高いです。

 

また、シミだけでなく、小じわにも良いと認められています。小じわに効き目がある薬は国内ではこのロスミンローヤルだけです。

 

ロスミンローヤルは9種類の生薬成分をもとにたくさんの有効成分を含んでいます。

 

その有効成分が身体の内側からシミを改善・予防してくれます。

 

私たちの皮膚は日々紫外線などを受けてダメージを受けています。このダメージが蓄積してしまうとシミとして現れます。

 

効くシミ薬を使いたい人

 

若いときや正常な肌であれば、肌本来が持つ再生力でダメージを消していけるのですが、加齢とともに肌の再生力は弱まってしまいます。

 

ロスミンローヤルはこの肌の再生力を再び高めて、ダメージを蓄積させません。これがシミに効くとされている理由です。

 

また、血行を良くするので女性特有の不調や肌全体のトラブルにも効きます。

 

 

シミ薬の口コミでの評判は?

ランキング上位のシミ薬の口コミでの評判はどう?

 

シミ薬を試してみたいけれど悩んでいるという方は実際に使用した方の口コミを参考にしてはいかがでしょうか。今回はランキング上位のシミ薬・ロスミンローヤルの口コミをいくつか紹介します。

 

シミ薬の口コミ
主人と共通の趣味はテニスでした。テニスがきっかけで付き合い、結婚したので結婚後もテニスをする機会は多かったです。

 

若いときは気にならなかったのですが年をとるにつれてシミが気になるようになりました。

 

それを同じくテニスが趣味の友達に相談したところロスミンローヤルを紹介されました。友人はもう数か月使っているということでしたが、確かに肌がきれいでした。

 

実際、シミを隠すために化粧を濃くしなくていいので、化粧品代も浮きそうと笑いながら話していました。

 

私もさっそく試したところ、本当に友人のいう通りでした。始めて1か月ほどでよくなってきていると実感できました。今でも続けていて実際にシミが薄くなっています。
(40代女性)

 

シミ薬の口コミ
子供たち3人を夢中で育てて子供たちが独立したらパートに忙しくしていた私は気づいたら同年代よりもずっとシミや小じわだらけでした。同窓会も恥ずかしくていけません。若いときにもっとケアしておけばよかったと悔やんでしまいました。

 

そんな時、就職した娘が「今までありがとう!」とロスミンローヤルをプレゼントしてくれました。気持ちだけでもうれしくて飲み続けていたら本当にシミや小じわが薄くなって驚きました

 

パート先でも「最近、幸せそう、若返ったわね」と言われて嬉しくてしょうがないです。
(50代女性)

 

 

シミ薬の成分で重要なのは?

ランキングで上位に入っているシミ薬の成分で重要なのはなんでしょうか?

 

ランキングでも上位に入るシミ薬には様々な有効成分が含まれています。しかし、シミ薬の有効成分の中でもシミに直接作用する重要な成分を知っておきたいですよね。

 

シミ薬の重要な成分

 

加齢に伴ってできるシミの原因はメラニンです。メラニンのダメージが蓄積され続けてしまうとシミができてしまいます。

 

そのため、シミ薬の成分で重要となるのはメラニンのダメージをなくし、これ以上シミを作らないようにして、既にできているシミのメラニンをなくしていく成分といえるでしょう。

 

メラニンのダメージを減らす作用のある成分は美白化粧品などにも含まれています。ビタミンC誘導体、リノール酸、プラセンタエキスなどが代表的なものです。

 

美白化粧品で使用されているのをみたことがある方もいるのではないでしょうか。これらの成分を摂って自分の肌の中にメラニンがたまってしまうのを防ぎます。メラニンがたまらないのでシミができにくくなります

 

そして、既にできているシミを薄くするにはメラニン還元成分が必要になります。メラニンを別の物質に還元してすでにできているシミを薄くしてくれます。

 

シミ薬の重要な成分

 

メラニン還元作用があると厚生労働省で認められている成分にはビタミンC誘導体があります。

 

ビタミンC誘導体はこのようにシミの予防や今できてしまっているシミを治すための重要な成分です。

 

シミ対策だけでなく、美白作用もありますので、ランキングで人気の高いシミ薬として摂取する以外にもサプリやスキンケア用品などでとるのもおすすめです。

 

 

シミ薬の効果とは?

シミ薬の効果とはなんでしょうか?

 

ランキングで人気があるシミ薬といってもどんな効果があるのかがよくわからないと試すのも不安ですよね。ランキング上位のシミ薬にはどんな効果があるのでしょうか。

 

シミ薬の効果

 

シミ薬には大きく分けて2種類の効果があります。

 

まず、1つ目はすでにできてしまっているシミを薄くしてくれる効果です。シミを薄くすれば見た目の年齢を若返らせられますし、うれしいですよね。

 

シミを薄くするためにはすでにダメージとして残ってしまったメラニンを還元していく必要があります

 

そして、2つ目の効果はこれからできるシミを予防してくれます。私たちの肌は紫外線などで毎日少しずつダメージを受けています。

 

若い時や正常な肌であれば、毎日のダメージをその都度、肌自身の再生力でなくせるのですが、肌の再生力が落ちるとそれができなくなりダメージが蓄積されてしまいます。これでは再びシミができてしまいます。

 

シミ薬にはこれからできるシミを予防するためにメラニンダメージをなくすのと肌の再生力を高めターンオーバーを正常にする作用があります。

 

既にできているシミだけでなく、これからできるシミの予防もしてくれるのはうれしいですね。

 

そして、シミ薬の多くは肌の調子を身体の内側から整えてくれます。肌の調子を整えるためには全身の血行をよくしたり代謝をよくする必要があります。

 

シミ薬の効果

 

血行を良くするおかげで他の肌トラブルや女性に多い肩こりや冷えなどの解消効果もあります。

 

 

シミ薬で市販されていて人気なのは?

シミ薬で市販されていて人気なのはどれでしょうか?

 

シミを治したいと考えたとき、皮膚科に行くという方法もあります。しかし、治療にはお金も時間もかかるのでその前に治るのであれば市販の薬で治したいという方も多いのではないでしょうか。

 

市販のシミ薬

 

そこで今回は市販されている中で人気のシミ薬を3つ紹介していきます。

 

まずは一つ目はシミトールです。わかりやすい名前ですので薬局などでも見つけやすそうですね。

 

シミトールではシミの改善と予防に必要なビタミンCを摂取できます。含まれている成分の種類自体はそれほど多くないのですが、その分ビタミンCが豊富に含まれているので余計なものを摂らずビタミンCを摂りたいとう方におすすめのシミ薬です。

 

続いて2つ目は新エバユースECです。こちらはシミ薬の中でも珍しく錠剤ではなく、顆粒タイプの薬です。錠剤タイプが苦手な方はこちらのシミ薬を飲むのがよさそうですね。

 

こちらも一つ目のシミトールと同様にビタミンCを中心に配合しています。他のビタミンも含んでいるのでバランスよくビタミンを摂取できます。

 

市販のシミ薬

 

そして最後におすすめするのはミルセリンホワイトNKBです。シミに効果があるLシステインが配合されています。ビタミンCも合わせて配合されているので美白効果もありそうです。

 

 

シミ薬で海外製のものは良い?

シミ薬で海外製のものは良いのでしょうか?

 

サプリや美容関係の薬は海外製の方が効果が高くておすすめという情報を手に入れた方もいるかもしれません。確かにサプリやシミ薬などの美容系の薬は海外の方が昔からあり種類も豊富です。

 

海外製のシミ薬

 

最近はインターネットショッピングを利用されている方も多いので以前より海外製のシミ薬を入手しやすくなったとのもあるでしょう。

 

しかし、海外製のシミ薬はその土地に暮らす方向けに作られた製品であり、日本人向けには開発されていません

 

基本的には自己責任で摂取することになります。既に飲んでいる薬との飲み合わせなども自分で判断することになります。また、何か体調に変化があった時、海外製のシミ薬ですと製造元に問い合わせをすることも難しいですよね。

 

以上の点を踏まえると、海外製のシミ薬は日本人に合わない可能性もあるのであまりおすすめできません。それよりも海外製のシミ薬のように効果が高い日本のシミ薬を使うのがおすすめです。

 

海外製のシミ薬より国産がおすすめ

 

日本製のシミ薬でおすすめなのはロスミンローヤルで、女性に多いお悩みであるシミと小じわ両方に効果があると認められている国内唯一の医薬品です。歴史のあるシミ薬ですので安心して使うことができます。

 

 

シミ薬は病院でも処方してもらえる?

シミ薬は病院でも処方してもらえるのでしょうか?

 

市販で薬を買うより、病院でシミ薬を処方してもらいたいと考えている方もいるかもしれません。

 

シミ薬を病院で処方してくれる?

 

確かに最近は美容皮膚科なども増えてきていて、病気ではなく美容目的で皮膚科に通っている方も多いのではないでしょうか。

 

病院ではその場で治療を行うだけでなく、シミ薬を処方してくれることがあります。病院で処方してくれるシミ薬には塗り薬タイプのものと飲み薬タイプのものがあります。

 

塗り薬タイプのものは即効性が飲み薬タイプよりは高いですが、できているシミにしか効果がないというデメリットがあります。

 

反対に飲み薬は身体の内側からシミを改善することができますが、肌の再生力を高めながらシミの改善をしていくので、すぐに効果が出ないものが多いです。

 

また、病院で処方されている薬と市販のシミ薬は使用されている成分は似通っていることが多いです。美容目的の薬の場合は保険がきかないので処方箋だから自己負担が軽いということもありません。

 

ただ、病院で処方されている薬の場合、飲み合わせの相談や副作用の相談がしやすいというメリットがあります。

 

シミ薬について医師に相談

 

初めてシミ薬を試す方で不安がある方や既に持病があり他の薬と飲み合わせを考慮したうえでシミ薬を飲みたい方は病院で処方してもらうのがおすすめです。

 

シミ薬を皮膚科で処方してもらえるの?

シミ薬を皮膚科でもらうことってできるんでしょうか。

 

シミ対策のお薬を貰いに、皮膚科に行く前に
「皮膚科」と「美容皮膚科」の違いを知っておく必要があります。

 

皮膚科
は、痒みや腫れなど、皮膚の疾患を治療するところです。
診察代は保険が使えます。

 

美容皮膚科
は、シミやシワ対策など
美容目的の方が行くところです。
シミは健康を害するような病気ではないので、
保険の適用外になってしまいます。
シミ薬は美容皮膚科でもらえるの?
まず市販のシミ薬よりも治療費が高額になることは明らかですね。

 

まずは市販のシミ薬を使ってみて、
それでも効果がなかった場合など、どうしようもないようなときに美容皮膚科に行くのが良いでしょう。

 

市販のシミ薬で一番おすすめなのが
ロスミンローヤルです。
シミだけでなく、日本で唯一小ジワへの効果が認められている
医薬品がロスミンローヤルです。
シミ薬はロスミンローヤルがおすすめ
とにかくシミが気になるという方にまず飲んでみてほしいですね!

 

サプリメントではなく医薬品なので、より高い効果が期待できます。
ロスミンローヤルは通販で購入することができるので
「皮膚科で診てもらうのは恥ずかしい...。」
「皮膚科はちょっと敷居が高い...。」

という方にもおすすめです!

 

シミ薬で白髪が増えるってホント?

シミ薬を飲んで白髪が増えるって噂を聞いたんですが、ホントなんでしょうか。
シミ薬で白髪になるの?
どうやらシミ薬に配合されている、「Lシステイン」という成分が白髪の原因である可能性が高いみたい!

 

Lシステインとは、体の内側から代謝を助ける働きを持っていて、抗酸化作用もあるアミノ酸の一種です。
・ターンオーバーの正常化
・体の代謝をサポート
・抗酸化作用

などの効果があります。

 

シミに対しては、メラニン色素の生成を抑制するという働きによってシミを薄くしてくれる効果
を持っています。

 

しかしこのメラニン色素の生成を抑制する働きの副作用として、
白髪が出来てしまっている
、という説があります。

 

メラニン色素を抑制するということは、
髪を黒くするメラニンの生成まで抑えてしまうので
白髪になる、ということだそうです。

 

しかし現在のところ、Lシステインの服用と白髪の増加に関する因果関係は証明されていません
あくまで噂や感想、口コミで広がっている話です。
シミ薬で白髪になるのはLシステインのせい
白髪は加齢とともに増え始めますし、シミ薬を飲み始めた時期と
白髪が増えてくる時期がちょうど重なった
、という可能性もあります。

 

Lシステイン配合のシミ薬を飲みすぎず、
決められた用法用量を守って摂取するようにしてください。

 

白髪は染めればいいですが、シミは化粧を濃くしたりしないと
消えないので、白髪かシミ、どちらを取るかは自分次第ですね!

 

シミ薬で塗り薬はどうなの?

シミ用の塗り薬は効果あるのでしょうか。

 

「ハイドロキノンの配合量が多い塗り薬を選べば良いんでしょ?」
シミ用の塗り薬の選び方は?
と思うかもしれませんが、かなり危険です!

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれるほど
白くする効果が高い成分です。

 

ハイドロキノンの副作用としては、
・使ってすぐ現れるもの
・しばらく使っていると現れてくるもの

に分けられます。
シミ用の塗り薬の副作用は?
使ってすぐ現れる副作用は
・赤み
・熱
・かゆみ
・ニキビ

などがあります。

 

しばらく使ってると現れる副作用は
・色素沈着
・白斑
・しわ
・胎児への影響

が報告されています。

 

こうしたハイドロキノン配合のシミ用塗り薬の副作用を防ぐためには
・ハイドロキノンの濃度が濃すぎない塗り薬を使う
・パッチテストを行う
・最初は小さい範囲につける
・保湿をしっかりする
・ハイドロキノンは肌ケアの一番最後に使う
・冷蔵庫で保管する
・紫外線に当たらないようにする
・シミが無くなったらすぐ使用をやめる
・妊娠中は使用をやめる

などなどが大切です。
シミ用の塗り薬の副作用を無くす方法は?
皮膚科で処方される塗り薬の
ハイドロキノン濃度は4%ほどとされています。

 

市販品で10%や5%のハイドロキノンを配合している
シミ用塗り薬がありますが、正直危険です。

 

市販品は高くても2%程度のハイドロキノン量
の塗り薬を選ぶようにしましょう。

 

シミ薬のおすすめはこれ!

シミ薬のおすすめはこれです!

 

シミ薬のランキング

 

加齢とともに気になるのがシミですよね。
よくある悩みだし仕方ないと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

シミは皮膚科などで高額な治療をしないと
きれいにならないとお考えではないでしょうか。

 

実はシミは自分でシミ専用の薬を飲んで治せるのです。
今回はおすすめのシミ薬をランキング形式で紹介していきます!

 

まずは堂々のランキング第一位!ロスミンローヤルです!

 

こちらはサプリメントではなく、医薬品です。

 

しかも国内で唯一シミだけでなく小じわにも効くと認定されている医薬品です。
シミとしわは加齢に伴い出てくるお肌のお悩みの中でも多いものではないでしょうか。

 

両方に対して効果的なんて嬉しいですよね。

 

更にロスミンローヤルは冷え性や肩こり、
腰痛など女性に多いトラブルも改善してくれます。

 

シミだけでなく、女性に多いトラブル全般のための薬と考えておいても良いかもしれませんね。

 

既にできているものだけでなく、
これからできてしまうシミを予防するのにもおすすめです。

 

そして、続いてランキング第二位です!
ランキング第二位はキミエホワイトプラスです。

 

一位のロスミンローヤルがシミだけでなく小じわにも効果的なのに対し、
こちらはシミやそばかす、色素沈着に特化した薬です。

 

年齢が重なるとともに増えてしまいがちで大きくなってしまったり、
濃くなってしまったシミも改善できます。

 

キミエホワイトプラスもロスミンローヤルと同様にサプリメントではなく、
有用成分を含んでいて効果的と認められている
医薬品のカテゴリに分類されています。

 

医薬品に分類されるシミ薬

 

いまあるシミに効くだけでなく、
これからできるシミの予防や肌のターンオーバーを正常に戻せます。